★TAKE7 STORE
TAKE7 STORE
プロフィール

Jenga

Author:Jenga
なんか動画サイトで歌ってみたやってる人らしいです。

ニコニコ動画
mixiコミュニティ
シングリンク

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年ぶりの

Mon.05.08.2013 0 comments


19's Sound FactoryさんのDear(Remix-Edition)を歌わせていただきました。
実質5年ぶりの歌い直し、といったところでしょうか。

最近は仕事のつらさから現実逃避に走ることが多く、自分の昔の歌ってみたを聴くことが増えていました。
その流れから「久しぶりにこの曲、録音してみよう」という気分になり、現在に至ります。
流石に5年前のよりは聴けるレベルになっていると思います。
いろんなことを懐かしみながら視聴していただけると幸いです。

❒動画について
基本としては「5年前の自分に沿う」というコンセプトでした。
なのでアレも録音しました。いや、もう凄く恥ずかしい・・・
ただ、RemixEditionのオケはシンセ中心のキラキラした音色だったので
以前のような声を張り上げるようなことはあまりせず、綺麗にまとまった感じになってると思います。
(というかもうそういう歌い方しかできないのです・・・)
今の自分の歌声にはこっちのオケのほうが合ってるのかもしれないですね。

お借りしたイラストはAliaさんという方が描かれたものです。
「夜空」で検索してビビっときたのでお借り致しました。
色合いが幻想的で良いですよね。サムネ映えするイラストだと思います。
あとはいつも通り歌詞流してるだけです。素材の味を生かしました(迫真)


-------------------------------------------------------------------------------------


❒5年前の思い出話

これが最初のDear歌ってみたですね。(ついさっきまで非公開設定でした)
08年代だから許されるこの劣悪な歌唱力とMIXwwwwww

で、これが↓のtaku(裏ンティスの人)さんの合唱シリーズに採用されます。

当初は爆発的に伸びたという感じではなく、歌ってみた界隈では人気、という程度だったように記憶しています。
それがじわじわと認知され出してこの数字に。
そしてウン万の視聴者さんに晒される俺のアウトロのアレ。嬉しい半面胸が熱くなりました。色んな意味で。
俺の歌ってみたのほうもカテランに上がって来ました。「男でコレは凄い」で帰結してたけど。

で、恥ずかしかったので歌い直し決行。
それがこれですね。

歌い直してコレかよ(苦笑)
これが5年前の俺の精一杯だったからね、しょうがないね。
アップ当初は再生もマイリスもリテイク前より下回る始末でした。
・・・あの合唱シリーズが投稿されるまでは。


そしてコレですよね~
動画を作りなおす、という話はtakuさんからメールで連絡を受けてたので知ってはいました。
(ボーカルだけの音源を渡してもらうようお願いされたのです)
でもこんな再生される動画になるなんて聞いてないっすよwwwwwwwww
「ま、リテイクものってそんな伸びないし・・・」とtakuさんの実力を見くびっていた俺が馬鹿でした。
総合毎時でも長いこと上位をキープしていたように記憶しています。
俺の知名度もそうですけど、本家Dearの認知度をも高めた動画になったのではないでしょうか。

ただあまりに不自然な伸び方をしたものだから「takuさんが自分で再生・マイリス工作をしているのでは」という噂が流れ、一時期悩んでおられました。
人気投稿者さんには必ず一度はこういう粗探しをされる時期が来るんですよね。

たまに視聴したくなるんですけど、3分50秒ぐらいで戻るボタン押してしまいます。
恥ずかしすぎて俺のアレを聴く勇気がもうないんです・・・
月日の経過って残酷。

❒歌い直しに至った本質
こんな感じで、Dearは自分にとって色々と思い出深い曲となってしまったわけですが、
正直言って、Dearという曲そのものはそんな気に入っているわけでもないのです。
裏の19さんのストーリーあってこその世界観が良いのであって、Dear単曲では
「安直な恋愛ソング」感が拭えないからです。
確かに、5年前の自分がこの曲に感動を抱いていたのは事実なんですけどねw

なので、これまではこの曲を歌いなおそうという気分にならなかったのですが、
「Hinoki」と「ジェンガ」に名義が分離したことによって何か気が楽になったんでしょうね、
もう一度この曲と向き合う気分になることができました。

まあ聴く側の皆さんはそんな細かいこと考えずに「懐かしいなー相変わらず気持ち悪いなー」ぐらいに思ってもらってて構いませんw
ただ名義が「ジェンガ」なのはそういう意味合いがあるんだ、という話をしたかっただけです。
スポンサーサイト

« Tumblrに移りました - Home - Say A Vengence »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。